プロフィール

中 村 里 美
シンガーソングライター・映画監督・プロデューサー
1986年、アメリカの学校・教会等で原爆映画を上映し、ヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝える日米協草の根ボランティア活動「ネバー・アゲイン・キャンペーン(NAC)」第1期民間大使として渡米。広島の中国放送によって2年間に渡り当時の様子が撮影されたドキュメンタリー番組「ヒロシマってなぁに?」は、その年のTBS系列ドキュメンタリー優秀賞受賞。帰国後「アメリカにだって伝えちゃえ」(汐文社)を出版し講演活動を行う。27歳で異文化交流マガジン「ひらがなタイムズ」編集長に就任。4頁の無料配布からスタートした同雑誌は、その後全国流通を通り、世界80カ国に読者を広げ「NTTタウン誌大賞」受賞。8年間の編集長と企画営業・流通チーフを経て独立。
8カ国の多国籍出演者がヒロシマ・ナガサキの被爆体験と母国の戦争体験を伝える日本語朗読劇「トンボが消えた日」を企画・プロデュースし、戦後50年特集としてテレビ朝日2時間特番で放映される。NHKで放映された「世界へヒロシマを語り継ぎたい~8カ国の若者たちの朗読劇~」は、世界200カ国以上に翻訳され放映。
2008年8月6日、「いのちの大切さ」「平和の尊さ」をテーマに、映画・音楽・舞台・出版etc.を通して人々の心が豊かになる媒体を生み出し、国際平和に貢献する作品づくりを目指して会社「ミューズの里」を設立。
2008年より、シンガーソングライターとして、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える「いのちの音色」全国ライブ公演活動をスタート。2010年、米国ワシントンの財団法人カーネギー地球物理学研究所にて海外初のライブを行い広島平和記念公園の被爆アオギリの種から育った被爆アオギリ2世の植樹を行う。
2013年夏に完成した初の企画・製作・プロデュース映画『アオギリにたくして』は、第1回JASRAC音楽文化賞受賞。主題歌「アオギリにたくして」・挿入歌「ひな鳥へ」の作詞・作曲・歌も手がける。2016年6月、米国6箇所で上映。映画『LAST LOVE/愛人』(2014年公開/石川均監督作品)では、エンディングソングの作曲と歌を担当。第2作目の企画・製作・プロデュース作品となるドキュメンタリー映画『かけはし』では、主題歌の作詞・作曲・歌を担当し、2017年2月より劇場公開スタート。現在製作中の第三作目となるドキュメンタリー映画『いのちの音色』では、初監督として現在製作を行っている。
◎著書に「アメリカにだって伝えちゃえ」(出版社:汐文社)/日英対訳・絵本「おりづるにのって」(出版社:ほんの木)/CDアルバム「アオギリにたくして」「かけはし」etc.

 

伊 藤 茂 利
ギタリスト・作曲家・俳優・映画プロデューサー

東京大井町生まれ。高校三年の時、来日中のジャズピアニスト、マル・ウォルドロン氏に、電話ごしにギターを聞いてもらったことがきっかけとなり、本格的にギタリストへの道を歩み始める。1980年代後半に、キングレコードから『マグネチックストーム/井上 博&RASA』でアルバムデビュー。ジャズスクール『メーザーハウス』の講師を勤めながらライブ活動を行う。2006年1月に『Natural Vibration』を結成。オリジナル曲を中心にライブ活動を展開。音楽プロデューサーとして、表現者に開かれた様々な表現の場づくりを企画。シンガーソングライターで映画製作者の中村里美と共に行っている歌と語りで伝える「いのちの音色」公演では、ギターと朗読で日本全国・海外での1000回公演を目指している。
プロデューサー・音楽監督・製作を務め、2013年に劇場公開された映画『アオギリにたくして』では、第1回JASRAC音楽文化賞受賞。映画『LAST LOVE/愛人』(2014年公開/石川均監督作品)では、火野正平演じるギタリスト役のギター音楽を担当。2017年に劇場公開されたドキュメンタリー映画『かけはし』では、製作・プロデューサー・音楽監督を務める。2020年7月劇場公開の映画『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法』ではギター演奏で参加。2020年内に公開予定の映画『祈り-幻に長崎を想う刻(とき)』(監督:松村克弥/主演:高島礼子)ではギターの流し役で初出演。現在、ドキュメンタリー映画『いのちの音色』製作中。◎CDアルバム「アオギリにたくして」「いのちの音色」等

 

坂井千浪
ジャズピアニスト・作曲家

神奈川県横浜市出身。4才よりクラシックピアノを習い始め、高校生の頃からロックやポップスに目覚めてバンド活動を始める。1979年頃から演奏の仕事を始め、フォークシンガーのバックや、CM音楽制作などのスタジオワークもこなす。長い音楽活動休止後、2006年に伊藤茂利らとオリジナルインストバンド「Natural Vibration」を結成。第1回JASRAC音楽文化賞を受賞した映画『アオギリにたくして』やドキュメンタリー映画『かけはし』にピアニストとして参加している。

 

花輪春比古
ベーシスト・作曲家

70年代半ばから80年代にかけ、日本のジャズシーンでライブ活動中に伊藤茂利氏と出会う。その後、断Musicして人生の荒波に飲まれて溺死。現在、環境関連の開発事業に携わりながら、音楽活動。第1回JASRAC音楽文化賞を受賞した映画『アオギリにたくして』サウンドトラックに参加。その他、映画『そこのみにて光り輝く』(第38回モントリオール世界映画祭最優秀監督賞他受賞作品)映画『君はいい子』(第37回モスクワ国際映画祭、最優秀アジア映画賞受賞作品)映画『幼子我らに生まれ』(第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞受賞作品)。自主制作CD:2016年オリジナルCD「いつか珊瑚のいた海」発売(マリモレーベル)。

 

🎵「いのちの音色」ライブ公演は、ヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを海外で伝えた体験をもとに音楽・朗読・トークで構成されています。
Copyright(C)2004-2006 SATOMI, All Rights Reserved.
このサイトのテキスト及び画像の無断転載を禁じます。
Please do not use any images on your site without permission.