めざせ1000回!中村里美ピースライブ

中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」公演依頼●

音楽・朗読・トークで「いのちの大切さ」と「平和を愛する心」を伝える『いのちの音色』公演は、第一回JASRAC音楽文化賞を授賞した映画「アオギリにたくして」の統括プロデューサーで主題歌と挿入歌を担当するシンガーソングライター中村里美が、ヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを海外で伝えた体験をもとに構成されています。

2010年には、米国ワシントンの(財)カーネギー地球物理学研究所にて海外初ライブが開催され、広島市長のメッセージと共に、被爆アオギリ2世の植樹が行われました。小・中・高・大学での学校ライブから、さまざまな公共施設や、企業・NPO団体・サークル、ライブハウスなど全国各地での公演活動を行っています。

ご都合にあわせて、公演時間のアレンジも可能です(歌のみ、朗読のみ、講演のみも可能です)。音響設備などが会場に備わっていない場合は、こちらからの機材持ち込みも可能です。
少人数のサロンコンサートから大きなコンサートまで人数に関係なくご依頼していただけます。ご予算に合わせた対応が可能ですので、お気軽にご相談ください。

◎公演内容:いのち・人権・平和をテーマに、音楽・語り・朗読により構成され、対象の年齢やテーマ、主催者の方のご要望により公演内容を検討していきます。

◎演 題(例)

・「生きてるだけで100点満点』
・「歌と語りで伝える『いのちの音色』」
・「中村里美×伊藤茂利トーク&ライブ」
・「平和への願いを歌に込めて」
・「映画製作に込めた思い」
・「アオギリにたくして映画製作&音楽製作秘話」
・「ヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝えて」等


【音 楽】広島で被爆したアオギリの種や苗に「平和の尊さ」と「いのちの大切さ」への思いをたくして植樹活動を行った被爆者の女性をモデルに、語り部となるまでの半生を描き、第一回JASRAC音楽文化賞を授賞した映画「アオギリにたくして」の主題歌や挿入歌をはじめ、アメリカでヒロシマ・ナガサキを伝える中で生まれた歌や曲の演奏。その他、スタンダードJAZZ等。            

【トーク】ヒロシマ・ナガサキを世界に伝えた体験やエピソード等。映画「アオギリにたくして」製作秘話や映画作りチャレンジから上映までの体験等。その他、「異文化交流」と「表現の場づくり」をテーマとした内容。

【朗 読】これまでお世話になったヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々の体験の朗読、等。

※対象やテーマ、主催者様のご要望により、公演内容を決めていきますのでお気軽にご相談ください。


〜 出 演 〜

   歌&語り: 中村里美

   語り&ギター: 伊藤茂利


◎公演時間:60分〜120分

※ご都合に合わせて公演時間のアレンジが可能です。歌、または朗読のみの参加も可能です。


◎連絡先:ミューズの里「いのちの音色」ライブ係

 TEL: 070-6511-7275 または 070-5568-8204
 FAX: 042-734-3758

 E-mail: info@musevoice.com
 E-mail: aogiri@yahoo.ne.jp

◎公式サイト: http://musevoice.com/peacelive/






戦争や被爆体験のない私にとって、ヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々との出会いは、
生きる意味を問い直し、いのちの尊さに触れる体験となりました。

振り返ると、ヒロシマ・ナガサキをアメリカで伝え歩いた体験は、
私自身の人生の原点となっています。

憎しみの連鎖によるテロが世界に広がる中、
「憎しみではなく、愛の連鎖を!」『二度と同じ苦しみを世界中の誰にもさせたくない』
と願う被爆者の世界平和への思いは、
世界に必要とされる大切なメッセージです。

私たちは今一度、ヒロシマ・ナガサキの被爆者の声にしっかりと耳を傾け、
日本と世界、そして地球の未来を考えていく時を迎えています。
「いのちの音色」ライブに来てくださった皆様の心に
平和の種が蒔かれていくことを願っています。