めざせ1000回!ピースライブ

中村里美プロフィール   ●伊藤茂利

●シンガーソングライター
●ミューズの里 代表取締役
●映画「アオギリにたくして」企画・製作・統括プロデューサー



(東京・大田区出身) 1986年、日米協力草の根プロジェクト「ネバー・アゲイン・キャンペーン」民間大使の第一期生として渡米。原爆映画「にんげんをかえせ」「ピカドン」等の原爆フィルム上映をアメリカの学校や施設等で行い、被爆者のメッセージを伝える。広島のRCCによって2年間に渡り撮影されたドキュメンタリー番組「ヒロシマってなぁに?」は、その年のTBS系列ドキュメンタリー優秀賞受賞。

帰国後、体験記の出版や講演活動を行いながら、27歳で外国人向け雑誌「ひらがなタイムズ」編集長に就任。同誌の企画営業&流通チーフも兼任しながら、異文化間理解をテーマに様々な国際交流イベントの企画運営を行う。当初、4頁の無料配布しからスタートした「ひらがなタイムズ」はその後、全国流通を通り、世界80カ国以上に読者を広げ、これまでにないユニークな国際誌として話題を呼び、NTTタウン誌大賞を受賞。

1995年夏、8カ国の出演者の祖国の戦争体験と共に、ヒロシマ・ナガサキの被爆体験を伝える多国籍出演者による日本語朗読劇「トンボが消えた日」を企画プロデュース。CNNなど海外メディアでも放映され、戦後50年特集テレビ朝日2時間特番となる。その後も公演を続け、NHKで放映された「世界へヒロシマを語り継ぎたい〜8カ国の若者たちの朗読劇〜」は、世界200カ国以上に翻訳され放映。

2008年8月6日、「表現の場作づくり」と「異文化交流」をテーマに株式会社ミューズの里を設立。社会貢献と平和づくりにつながるビジネスモデルの構築に力を入れている。 シンガーソングライターとして活動開始。2009年より、これまでお世話になった被爆者の方々の体験の朗読、世界にヒロシマ・ナガサキを伝える中で生まれた歌やエピソードなどによる公演「いのちの音色」全国行脚ライブをスタート。

2010年秋には、米国ワシントンの(財)カーネギー地球物理学研究所で海外初のピースライブを行い被爆アオギリ2世の植樹を行う。国籍・世代・ジャンルを超えた様々な表現空間のプロデュースを行っている。現在、学校や施設、様々な会場で、いのち・人権・平和をテーマとした「いのちの音色」公演活動を行っている。

2013年夏に完成した、初プロデュース映画「アオギリにたくして」は、広島平和記念公園の被爆アオギリの木の下で修学旅行生たちに被爆体験を語り継いだ故・沼田鈴子さんをモデルとした作品。現在、日本全国の映画館や学校、自主上映が続き、上映回数は2014年末までに350回を越え、海外上映に向けて準備を進めている。

映画「アオギリにたくして」の主題歌&挿入歌の作詞・作曲・歌も手がけている。2014年「アオギリにたくして」制作委員会は、第一回JASRAC音楽文化賞を授賞。

※著書に、「アメリカにだって伝えちゃえ」(汐文者)/日英対訳・絵本「おりづるにのって」〜サダコと子どもたちの物語〜(発行:ミューズの里/発売:ほんの木)/CD「LOVE&PEACE」「Trusting Orizuru Cranes」CDアルバム「アオギリにたくして」etc. ◎映画「アオギリにたくして」⇒ http://aogiri-movie.net/ ◎歌と語りで伝える「いのちの音色」⇒ http://musevoice.com/peacelive/






音のしない静かな場所が大好きで、音楽に関心のなかった私にとって、今こうして詞と曲をつくり歌を歌っていることはとても不思議なことです。
言葉や活字だけでは表現しきれない思いや、世界の様々なたちとの出会いの中で感じたことが、いつの間にか詞や曲となり歌を作るようになっていました。

私にとって一つ一つの歌は自分の分身であり、願いであり、祈りでもあります。
そして、歌うことは本来 の声を取り戻し、いつの間にか不自然になりかけていた自分が自然へと戻っていく道でもあったように思います。

自らの声を通して、それを表現していく機会を作ってくださっているたくさんの皆様に心から感謝しています。
自分自身の心の平和を、愛をいつも確かめながら、そして祈りながら・・・歌い続けていきたいと思っています。



Because I have loved quiet places and had no interest in music since I was a child, it is very surprising for me that I now write and sing lyrics and songs. Thoughts difficult to express by words and feelings experienced from meeting many people all over the world became lyrics and songs and then I came to make songs naturally. Every song is my alter ego, hope, and wish.I think singing was the road by which I regained my real voice and I went backto being spontaneous after being less natural before.I deeply appreciate manypeople who make opportunities for me to express them through my own voice.I hope that I continue to sing making sure peace and love is in my heart and praying for the world and our hearts to be full of "Love & Peace" at anytime.

〜May you be always happy every time〜

  〜Wish for your happiness every time forever〜



Copyright(C)2004-2006 SATOMI, All Rights Reserved.
このサイトのテキスト及び画像の無断転載を禁じます。
Please do not use any images on your site without permission.